両面段ボールの強度

・両面段ボール(Double Faced Corrugated Fiberboard = Single Wall Corrugated Fiberboard) 最もみなさんがよく目にする段ボールです。

通常ボックスを作成する段ボールの基本ボックスです。

構造は、よく見るものなので、分かると思いますが、 一つのなみなみフルートの両側に板状ライナーを一枚ずつ付けたよく見られる宅配ボックスです。

・両面段ボール (Double Wall Corrugated Cardboard) 上記で書いた両面段ボール2つをつけただろう見ればわかりますが、なぜこんな二枚の段ボールを貼り付けたのでしょうか? 理由は簡単です。

耐久性を上げるためです。

通常宅配受けるボックスは、すべてSWにしたが、通常のスーパーで売ったり宅配受けるフルーツボックスはDWで作成します。

(D ouble W all Corrugated Cardboard)のDWです。

ところで、実際にこのように二重につければ、種類がいくつかの異なるのは事実です。

なぜでしょうか? 二枚を付けるときの変化点は、3つの方法が表示されます。

1.その中の最初が 上記のフルートと下のフルートが上下に合わせて貼り付けか また、同じ位置をガジゴソ付けて、丘の上に丘が上がっているかのように付けかの違いが生じます。

もちろん、大規模な工程上で、誤差のために、これも生産され、それも生産なったりしますが、 物理的に、上記の二つの段ボールは、明らかに強度や特性が異なっています。

複雑な巨大作成アートの方は、区別して書くましたよ。

2.第二は、何でしょう? 二つの段ボールを同じ方向に付けるか、ものを回して付けるかの問題です。

、 一般的に、上記のように2つを重ねてつければ、正面から見たとき、右の下にあるような断面が連なり得なるでしょう? その横にある右端縦線三つは、この段ボールの側面をカットた写真です。

空いるのがではなく、間に入るフルート側面がジャルリダ見て、波の形は見えなくなるでしょう。

理解していない行くと、家にある、どの宅配ボックスもご覧ください。

一方は波であれば、その側面は波が見えなくなります。

まさかこれが難しい内容なのか?

http://new-pack.co.jp/nakamuraya/

Leave a comment

Your comment