骨盤の矯正が今の整体トレンド、骨盤矯正が学べる整体学校を探そう

骨盤うっ血症候群出産後の慢性骨盤痛誘発

骨盤うっ血症候群とは? 骨盤うっ血症候群は、女性のみ現れる疾患ですが 一生の間、すべての女性の3分の1は、慢性的な骨盤の痛みを経験することになるといわれています。
慢性骨盤痛は、明確な理由なしに6カ月以上の非周期的に持続する痛みを指します。
特に、疲れていたり長く立っている時の症状がひどくなる。
そして生理中であるか、性交中、あるいは性交の後に発生する腹の痛みと膀胱の違和感など、そして外陰部に膨らんだ血管の静脈がみられたら、骨盤うっ血症候群を疑って見るべきだとします。
通常、妊娠を経験した中年女性に多くみられ、慢性骨盤痛のある女性の約30?40%で 骨盤うっ血症候群が原因といわれております。
骨盤うっ血症候群は、骨盤の静脈血が心臓に抜け出せず停滞しているか、逆流するために発生するんですが骨盤の静脈に血液を心臓に送るための弁があり、何らかの原因によって弁が正常に役割をせず、弁不全が発生すると、血液が骨盤の静脈に停滞しているか、骨盤??に逆流して骨盤の静脈の圧力が高まって静脈が増え慢性的な違和感を起こすようになると言われています。
骨盤うっ血症候群の症状 通常お腹と腰に向かって続く痛みが現れる,,,長く立ったり、疲れているとき深刻になり、生理痛の原因にもなるそうです。
他に膀胱の違和感、尿がだんだん多くなって、異常な膣分泌物の過剰に現れることも行われている。
骨盤うっ血症候群の治療方法 婦人科的診察と超音波、CT、MRIなどで慢性骨盤痛の原因となることができる他の疾患がないことを確認した後異常増える卵巣、骨盤の静脈が見えるときに診断ることができます。
以後インターベンション専門医による卵巣静脈撮影法で確定することになり、診断と同時に治療を施行します。
? 脚の付け根に2m?3mm程度の穴を作成し、これを介して骨盤うっ血症候群を診断し、骨盤の静脈に細くコイルや血管強化剤を注入して血液が骨盤に逆流することを防止することで治すことができます。
この年代の多くの女性は、骨盤の歪みからくる体の不調を感じています。
整体医院でも、骨盤矯正の看板を見かけます。
整体での骨盤矯正は、体の歪みをじっくり改善してくれるので、骨盤うっ血症になる前に、体の保全を行うとよいです。
また、男の職場という印象が高かった、整体師ですが最近では女性の整体師になる人も多く、整体学校と併設して女性のための健康を学べる専門学校が人気です。YMC整体師の専門学校では、骨盤の矯正はもちろんのこと、高度な整体技術や開業に関する心得なども学べます。


Leave a comment

Your comment